医療に関する仕事あれこれ〜受けるならおすすめ!こんな資格あんな資格〜

ケアマネージャーの資格

PAGETITLE
介護の現場で活躍する資格はたくさんあります。
ホームヘルパーの資格や介護福祉士の資格などがあります。
介護現場では高齢者が受ける介護のプランをつくる仕事もあります。
この介護のプランのことをケアプランといいます。
高齢者が気持ちのよい介護を受けるためには適切なケアプランが必要です。
高齢者とひとくちにいっても様々な高齢者がいます。
かなり元気な人から身体が結構衰えている人までいろいろです。
つまりケアプランはひとりひとりに特別な計画がいるのですね。
ケアプランを作成するためには高齢者をよく観察する能力や介護に関するはば広い知識が必要です。
そのためケアプランを作成するための資格があります。
これがケアマネージャーの資格です。
ケアマネージャーの資格を得るためには5年間の実務の経験が必要とされています。
医療の資格のなかでも取得が大変な資格であるといえますね。
いきなりケアマネージャーになろうと思っても少し無理があります。
すでに医療や介護の現場で勤務している人がさらなるステップアップを目指して取得する資格がケアマネージャーの資格だといえます。
すでに医療や介護施設で勤務している場合は5年間の実務経験をクリアしていると思います。
実務経験に加えて座学が必要です。
この座学は専門の学校に通ってもよいですし通信の講座で学んでも大丈夫です。
働きながら勉強をしたい場合は通信講座が便利だと思います。
だいたい20万円くらいの学費で講座を修了することができるようです。

Copyright (C)2017医療に関する仕事あれこれ〜受けるならおすすめ!こんな資格あんな資格〜.All rights reserved.