医療に関する仕事あれこれ〜受けるならおすすめ!こんな資格あんな資格〜

薬剤師の責任は大きい

PAGETITLE
わたしたちが病気にかかった場合にお世話になるものが薬です。
入院や通院をすると必ず薬のお世話になります。
ふつうの薬だけはなく高い効能をもった薬もあります。
世界には多くの難病があります。
まだ解決策のない病気もあります。
これらの病気はかかってしまうと治りません。
患者さんの希望の星になるものが難病を治してくれる薬です。
このように薬は人類にとって必要不可欠な大切なものです。
大切な薬を扱ったり研究したりするための医療の資格が薬剤師の資格です。
基本的に薬は薬剤師しか扱うことができません。
それだけ薬剤師の責任は大きいのですが、責任が大きい分だけやりがいのある仕事でもあります。
薬剤師の資格を取得するためには薬学部のある大学に進学しましょう。
薬学部のある大学には国立の学校と私立の学校があります。
国立の学校の学費は文系学部の学費と同じです。
そのいっぽうで私立の学費は高い金額です。
高い大学では年間で1000万円程度の学費がかかります。
進学にあたっては家計の状態と相談して進学先を決める必要があります。
薬学部の修学年数は数年前に改正されました。
以前は4年間で卒業して薬剤師の資格を取得できました。
しかし現在では6年間必要になりました。
6年間のなかには長期間の薬学実習がありますので本格的な勉強をすることができます。
卒業後は医薬品会社や病院、薬局などで勤務することが可能です。
薬のエキスパートになりたい人はぜひとも薬学部への入学に挑戦してみてくださいね。

Copyright (C)2017医療に関する仕事あれこれ〜受けるならおすすめ!こんな資格あんな資格〜.All rights reserved.